/

この記事は会員限定です

日産の苦境、部品会社生き残れる? マレリ会長に聞く

そこが知りたい

[有料会員限定]

日産自動車が販売不振で2020年3月期に多額の最終赤字を計上するなど苦境に陥っている。スペイン工場の閉鎖など構造改革を進めるが、部品メーカーの経営にも影響は大きい。新型コロナウイルスの逆風も吹くなか、どう生き残るのか。日産との取引が3割を占めるマレリ(旧カルソニックカンセイ)の森谷弘史会長に話を聞いた。

スペイン工場の閉鎖も検討

――日産がスペイン工場の閉鎖などで生産能力を2割減らすと発表しました。

「日産を主要顧客とする自動車部品メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン