/

この記事は会員限定です

微小マシンで認知症治療 薬を効率よく脳細胞へ

[有料会員限定]

片岡一則・東京大学特任教授が率いる川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター(iCONM、川崎市)は、ナノ(ナノは10億分の1)メートルサイズの薬物運搬システム「スマートナノマシン」を使って検査から診断、治療まで体内で実行する「体内病院」の実現を目指す。このほど同グループは脳細胞に認知症治療薬を効率よく運ぶ新たなナノマシンを開発した。

脳内の血管と脳細胞(脳実質)の間には、化学物質を容易に通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン