微小マシンで認知症治療 薬を効率よく脳細胞へ

滝 順一
編集委員
2020/7/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

片岡一則・東京大学特任教授が率いる川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター(iCONM、川崎市)は、ナノ(ナノは10億分の1)メートルサイズの薬物運搬システム「スマートナノマシン」を使って検査から診断、治療まで体内で実行する「体内病院」の実現を目指す。このほど同グループは脳細胞に認知症治療薬を効率よく運ぶ新たなナノマシンを開発した。

脳内の血管と脳細胞(脳実質)の間には、化学物質を容易に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]