/

この記事は会員限定です

中国半導体、生産技術や装置に壁 量では追い上げ

[有料会員限定]

中国の半導体企業はスマートフォンの頭脳として使う製品の設計などでは先端技術を持つ一方、量産や、製造装置の開発に関わる技術水準はなお高くない。設備投資や研究開発に巨額を投じても、成果が出るにはなお時間がかかる分野も多そうだ。

調査会社の米ICインサイツによると、地域別の半導体生産能力(基板面積ベース)は19年12月時点で台湾、韓国、日本に次ぎ中国が世界4位だった。既に米国を上回っている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン