ベトナム「22年まで航空参入認めず」 寡占一段と

アジアBiz
2020/7/6 20:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベトナムの交通運輸省は新型コロナウイルスの発生を受け、航空事業への新規参入を2022年まで認めない方針を打ち出した。もともと国内市場は大手2社の寡占状態だったのに加え、6月にはオーストラリア最大手のカンタス航空が合弁事業から撤退すると表明した。運賃上昇などが懸念されている。

ベトナムは国土が縦に長く、ハノイとホーチミンを結ぶ路線の提供座席数は国内線としては世界4位。東南アジア最大の「ドル箱」路線…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]