群馬・高崎市、シンガポールに農産物 知名度向上狙う
北関東フォーカス

2020/7/6 19:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

群馬県高崎市が農産物をシンガポールに販売するため「現地法人」を設立してから1年近くたった。高級飲食店へのセールスなどを通じて顧客を獲得し始めており、今後は現地の個人向け通販を拡大する方針。市は海外での販路開拓と日本でのブランド力向上という一石二鳥を狙うが、「TAKASAKI」が広く認知されるには息の長い取り組みが必要になる。

重さ1キログラム以上にもなる高崎・榛名地域特産の「ジャンボ梨」。その販…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]