/

スタートアップの拠点都市 内閣府担当相が大阪視察

内閣府で科学技術政策を担当する竹本直一特命担当相は6日、JR大阪駅北側のスタートアップ支援施設「大阪イノベーションハブ」を訪れ、大阪のスタートアップや支援機関の取り組みを視察して意見交換した。政府は近く、世界に並ぶスタートアップの集積地となる「グローバル拠点都市」を選定する見通しだ。

内閣府の竹本担当相は大阪のスタートアップ支援機関を視察した(6日、大阪市)

竹本担当相は視察後、記者団に「大阪はいろいろな分野で素晴らしい素材を持っている。エコシステムの拠点になるには有望な一要素だろう。独特の発想をする、それを育てる雰囲気、そういった意味で有力だろう」と話した。拠点の選定を巡っては、大阪と京都、神戸の3都市が一体になって応募しているほか、東京や名古屋も名乗りをあげている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン