[社説]繰り返す記録的豪雨の被害減らすには

2020/7/6 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州の豪雨は多数の死者・行方不明者を出し、なお続いている。温暖化の影響もあり、豪雨の頻度は今後も高まるだろう。早めの避難に役立つ予測技術とともに、経験のないような大雨を前提とした土地利用や避難計画が必要だ。

九州の豪雨は積乱雲が次々に発生し列をなす線状降水帯がもたらしており、熊本県、佐賀県、福岡県などに大雨特別警報が出た。国と自治体は住民らの救助に全力をあげてほしい。

熊本県では球磨川の氾濫によ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]