/

この記事は会員限定です

自民、有権者の安定志向に自信 早期解散論に追い風

(更新) [有料会員限定]

現職の小池百合子東京都知事が再選を決めた5日投開票の知事選は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安定を求める声を浮き彫りにした。自民党内にはコロナ禍という危機の下での選挙戦は現職に有利に働くとの受け止めが広がる。

安倍晋三首相は6日、首相官邸で小池氏と会談し祝意を伝えた。新型コロナの感染拡大防止や東京五輪に向け連携を強めていくことで一致した。

自民党は同時に実施した4つの都議補欠選挙で全勝した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン