/

この記事は会員限定です

現代社会の大問題、インパクト投資で解きほぐす

[有料会員限定]

社会的な課題に取り組む企業や領域に投資する「インパクト投資」への関心が世界中で高まっている。近年、市場は急拡大しており、コロナ禍を受けて拡大のペースが一段と早まる可能性がある。

コロナで投資加速

「新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、社会課題の解決につながる企業への投資意欲が強まっている」。新生企業投資の黄春梅氏はいう。同社はグループ会社を通じて子育てや介護、新しい働き方を支援する未上場企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3055文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

ESG投資とは財務情報だけでなく環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)を重視する投資です。長期目線での企業評価に軸足を置き、個人投資家からも注目が集まっています。日経ヴェリタスとの連動企画「みんなのESG」では、企業による取り組み事例や注目すべき銘柄など、投資家や経営者が知っておきたい情報を様々な観点から取り上げます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン