JR西日本、5割引切符を提供、定額移住サービス向け

2020/7/6 18:13
保存
共有
印刷
その他

JR西は9~11月に、スタートアップの定額制移住サービスの利用者限定で割引切符を提供する

JR西は9~11月に、スタートアップの定額制移住サービスの利用者限定で割引切符を提供する

JR西日本は6日、スタートアップが提供する定額制移住サービスの利用者に対し、大阪と西日本3地区との往復料金が5割ほど安くなる切符を9~11月に提供すると発表した。移動手段を安価にし、フリーランスやリモートワークが可能な会社員などの好きな場所で働く移動ニーズを探る。

スタートアップのKabuK Style(カブクスタイル、長崎市)かアドレス(東京・千代田)のサービスに登録した参加者に割引切符を提供する。岡山や白浜などの移住先と大阪市内とを月に2回往復できるプランとし、乗車券と特急券をあわせて安くする。各地区でスタートアップが提携する4~11施設に滞在できる。

割引切符には参加者は月単位で申し込み、最大で180人程度募集する。利用状況や参加者へのアンケートに応じて終了後のサービス展開を考える。JR西は取り組みで交流人口を増やし、鉄道の利用促進につなげたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]