/

日本BD、デジタルショップディスプレーを国内初導入

日本ベクトン・ディッキンソン(日本BD、東京・港)は7月から、長野県上田市の薬局で国内初のデジタルショップディスプレーの実証実験を始めた。ディスプレーは一般用医薬品向けで、大画面に薬の情報などを表示できる。実証実験を経て、2021年の市場投入を目指す。

日本BDが国内で初めて導入した一般用医薬品用のデジタルショップディスプレイ(6日、長野県上田市)

日本BDが上田市のイイジマ薬局に導入したのは「BD Rowa Vmotion デジタル・シェルフ」。ディスプレーは薬の作用や特徴をはじめ、様々な情報を管理する。薬局の接客者の技能レベルによらず、適切な服薬指導が可能になる。また、医薬品を販売した顧客情報も管理できるため、過去のデータを利用して最適な服薬指導につなげられる。

同薬局では、日本BDの薬局ロボット「BD Rowa Vmax」も導入した。システムによる在庫管理などで、薬局の業務効率が大幅に改善されるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン