/

北海道函館市、20年度補正案24億円 コロナ対策で

北海道函館市は6日、新型コロナウイルスの感染防止策を柱とする一般会計約24億円の2020年度第3次補正予算案を発表した。市内の公立はこだて未来大学の学生に一律5万円を支給する。小中高校には非接触型体温計や、換気時に虫の侵入を防ぐ網戸を導入する。

感染リスクを下げる「新しい生活様式」に対応して改修する店舗やホテル・旅館に計1億1500万円を助成。保健所と市立函館病院に各2台あるPCR検査機器を1台ずつ増備し、予防・検査態勢を拡充する。

北東北と連携した観光客誘致策も展開するほか、市内宿泊客に配布する飲食券や市民向けプレミアム付き商品券を追加発行する。観光地の函館に住みながら仕事する「ワーケーション」を増やすことを目指し、体験ツアーの費用を一部負担する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン