水田の水位、IoTで遠隔監視 NTT東日本など

2020/7/6 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTT東日本千葉事業部は無線機器開発のワイヤレスデザイン(千葉県船橋市)などと組み、水田の水位を遠隔監視する実験を始めた。水田に設置したセンサーが24時間体制で水位を計測。異常を感知した場合はスマートフォンに通知する。あらゆるモノをネットでつなぐ「IoT」を活用し、人力に頼っていた作業を効率化する。

IoT事業を手がけるIoTBASE(アイオーティーベース、東京・豊島)を含む3社で、水田監視用の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]