/

この記事は会員限定です

新型コロナが輸出下押し チリ・ブラジルで銅や食品

[有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】新型コロナウイルスの感染拡大が続く南米で、輸出が相次いで下押しされている。チリでは銅の鉱山が操業を停止し、中国ではブラジル産の食品を敬遠する動きが出てきた。各国とも1次産品の輸出依存度が高く、低迷する経済のさらなる打撃となりそうだ。

銅生産世界大手のチリ公社コデルコは6月下旬、新型コロナの感染拡大から北部のチュキカマタ鉱山で操業を一部停止すると発表した。チリは人口1900万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン