阪急阪神不動産、戸建てブランド名も「ジオ」に
マンションと統一

2020/7/6 16:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

阪急阪神不動産は、今後販売する新築一戸建てのブランド名を「ジオガーデン」に統一する。新築マンションのブランド「ジオ」とそろえ、認知度の向上を図る。顧客の意見を収集し開発に生かすジオのプロジェクトを戸建てにも広げる。

同社は2019年に「ジオガーデン」ブランドを立ち上げ、第1号物件として大阪府箕面市で40戸販売した。今後は兵庫県西宮市で大規模供給を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]