資産形成、手数料より信頼 長く寄り添い顧客に提案
リージョナルバンカーズ(3)

2020/7/6 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「今が踏ん張りどころです」。長野県の八十二銀行で個人向け資産運用を担当する主任調査役の萬場仁のチームは、投資信託を持つ顧客に電話や手紙で必死に訴えた。

同行が毎月定額を買う積み立て型の投資信託を積極的に提案し始めたのは2019年度からだ。それが広がり始めたところで新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な株安が発生し、日経平均株価は1月につけた2万4000円台から3月には1万6000円台まで急落…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]