/

この記事は会員限定です

富士電機、最長75歳まで再雇用 工場で技能伝承

[有料会員限定]

富士電機は2020年度から工場の技術者らを対象に最長75歳まで再雇用する制度を導入した。定年の65歳以降も嘱託社員として雇う。製造現場で必須な知識や経験を若手に伝承しやすくし、人手不足の緩和にもつなげる。政府は21年に企業に対して70歳までの就業機会の確保を努力義務とする法律を施行する。再雇用の期間を70歳代まで延ばす企業が増えそうだ。

4月から導入した。対象の社員の技能に応じて5段階の時給を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り370文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン