/

この記事は会員限定です

コロナ対応融資、中部10信金で4000億円 6月末までに

[有料会員限定]

愛知、岐阜、三重の中部3県に本社を置く主要10信用金庫の2020年3月期決算がまとまった。新型コロナウイルの感染拡大で資金繰りが悪化した企業向けの融資の増加などで6信金の貸出金が増えた。6月末までの10信金合計のコロナ対応融資の実行額は4000億円となった。金利低下で利息収入が減り、本業のもうけを示す実質業務純益は半数で減少した。

貸出金の伸びが最も大きかったのは西尾信用金庫だ。3月末時点の残高は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン