「ボルヴィック」年内で終売 キリンビバ、契約終了で

2020/7/6 15:49
保存
共有
印刷
その他

キリンビバレッジが販売を終了するミネラルウオーター「ボルヴィック」=共同

キリンビバレッジが販売を終了するミネラルウオーター「ボルヴィック」=共同

キリンホールディングス傘下のキリンビバレッジは6日、ミネラルウオーターの「ボルヴィック」の販売を2020年末で終了すると発表した。契約する仏社との期間が満了したことや販売数量の減少などを受け、契約を更新しないことを決めた。今後は「アルカリイオンの水」など国産品に注力する。

ボルヴィックは1986年にサントリーフーズが販売を開始。93年に三菱商事の販売を経て、キリンビバは2003年から販売していたが契約期間の満了に伴い終売を決めた。

かつて輸入ミネラルウオーターでは国内シェアのトップブランドだったが、大塚食品の「クリスタルガイザー」や国産天然水との価格競争で販売が低迷し、飲料総研によると19年の輸入ミネラルウオーターのシェアは伊藤園のエビアン、クリスタルガイザーに次ぐ3位にとどまった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]