東京版CDC設立に意欲 再選の小池知事が記者会見

都知事選2020
2020/7/6 15:27
保存
共有
印刷
その他

東京都の小池百合子知事は6日、都知事選で再選を受けて記者会見し、新型コロナウイルスへの対策として公約に掲げていた東京版CDC(疾病対策センター)の設立に向け、準備を進めると明らかにした。都の研究センターの機能を集約するなどして「国立感染症研究所や政府、大学とも連携していく」と具体像を説明した。

専門家による院内感染対策チームの創設や感染症患者を受け入れる医療機関への経営支援を進める。「地域の実情を理解することが重要」として区市町村との連携を強化する新たな協議体を立ち上げる考えを明らかにした。

新型コロナ対策で、都の財政調整基金は大幅に減少し、都税収の減少も見込まれることについて、「必要な措置を進めていきたい。事業の見直しをして予算を圧縮したうえで都債(の増発)について適切に考えていきたい」と述べ、「都は色々なカードを持っている」と財政運営に自信を示した。

都庁内の構造改革を進めるため「構造改革推進チーム」を立ち上げ、有識者と意見交換をしたうえで、9月末に提言をまとめるとした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]