/

船内清掃中、タンク内で倒れ3人死亡 大阪・港で係留

(更新)

6日午前9時10分ごろ、大阪市港区弁天6の埠頭で「係留中の船で清掃中に作業員3人が倒れた」と同僚の男性から119番通報があった。大阪府警港署によると、49~70歳の男性3人が船内のタンクから救出されて病院に運ばれたが、いずれも死亡が確認された。同署が事故当時の状況を調べている。

亡くなったのは、清掃作業を請け負っていた船舶修理会社「潮マリン」(大阪市西成区)の役員の箱崎敏さん(70)と、いずれも同社社員の畑浩一さん(53)、内村幸夫さん(49)。

同署によると、3人とも目立った外傷はなく、有毒ガスの発生などの情報はないという。タンク内の酸素が薄かったという情報もあり、同署や消防が死亡した原因を調べている。

3人は港に停泊中の砂利運搬船で清掃作業をしており、タンク内にたまった水を抜く作業に当たっていた。作業員の1人がタンク内に誤って落下し、2人が順番に助けに行ったという。3人ともタンク内で発見された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン