知事不信任請願を不採択 愛知議会、高須院長が提出

2020/7/6 15:18
保存
共有
印刷
その他

愛知県議会は6日、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が提出した大村秀章知事の不信任決議を求める請願を採決し、賛成少数で不採択とした。自民党、旧民進党系の議員らでつくる「新政あいち」、公明党の主要会派が反対した。

高須氏は6月、芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」を巡る対応に問題があったとして、大村知事の解職請求(リコール)を目指す運動を開始。同月、県議会に請願書を提出した。

高須氏は採決後、県議会内で報道陣に「請願は不採択となったが、リコールでは(署名集めを担う)受任者も順調に集まっている」と述べ、署名活動を予定通り8月に始める意向を示した。

大村知事のリコール運動を巡っては、名古屋市の河村たかし市長が応援を表明している。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]