コロナ通知システム乱立 調整役不在「総崩れ」の恐れ

コラム(テクノロジー)
2020/7/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国の都道府県や政令市などの自治体でQRコードを使った新型コロナウイルス感染情報の通知システムが乱立している。厚生労働省の接触確認アプリを含め類似のシステムが増えれば、いずれも普及率が伸びず「総崩れ」も懸念されるが、今のところ政府に調整の動きはみられない。

通知システムは、施設や店舗などに置かれたQRコードを来訪者が読み取ることで、訪問履歴を記録する。登録店舗で新型コロナの感染者やクラスターが発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]