/

JR水郡線西金―袋田駅間が再開 台風19号で被災

袋田駅では横断幕で観光客らを出迎えた(4日、大子町)

2019年10月の台風19号で被災して不通が続いたJR水郡線の西金(さいがね)―袋田駅間(茨城県大子町)が運行を再開した。袋田駅に近い「袋田の滝」などがある同町のほか、県やJR東日本は観光需要の回復に期待を寄せる。

家族客や鉄道ファンが水郡線で袋田駅を訪れた(4日、大子町)

水郡線は久慈川の氾濫で鉄橋流出などの被害を受けた。水戸―西金間は19年11月までに復旧したが、西金―袋田駅間は折り返し運転の設備がなく、代行バス輸送が続いていた。運休の袋田―常陸大子駅間を含む全線運行は21年夏ごろの予定。

袋田―常陸大子駅間では橋桁ができ復旧工事が続く(大子町)

袋田駅では4日、同町やJR東の職員が乗客を横断幕で出迎え、特産品の奥久慈りんごサイダーや奥久慈茶を手渡した。高梨哲彦町長は「観光地に電車で直行でき、通学も便利になる。水害に新型コロナウイルスが重なり観光は厳しいが、地場産品の販売などで乗り越えたい」としていた。

袋田の滝などを観光するため、常陸大宮市から3人の子供と訪れた40代女性会社員は「山と川が交互に見える車窓の風景が楽しい。子供たちが電車好きなので再開はうれしい」と笑顔だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン