自民党こそ現憲法の「最大の受益者」という逆説
編集委員 清水真人

憲法改正
政治アカデメイア
清水 真人
コラム(政治)
編集委員
2020/7/7 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「自民党こそが日本国憲法とその憲法秩序の最大の受益者ではないのだろうか」。憲法学の本流からこんな逆説的な論考が出てきた。首相・党総裁の安倍晋三は9条などの改憲の旗を振るが、現憲法の規定や構造が自民党一党優位を定着させ、その長期政権による運用を通じ憲法秩序も形を整えてきた。この「複雑な相互作用」は見逃せないという。統治機構に限れば、「護憲」が自民党を支える皮肉な一面もあるのかもしれない。

■保守政党

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]