/

この記事は会員限定です

リニア工事、「準備」の解釈にずれ JR東海と静岡県

[有料会員限定]

リニア中央新幹線を巡り、JR東海と静岡県の間で「準備工事」の範囲について認識の隔たりが鮮明になっている。JR東海は3日夜、県に工事の再開条件について質問状を再び送付した。県が協定締結を求める工事の範囲が、従来の説明と食い違っていると主張している。2027年からのリニア開業延期は避けられず、計画を認可した国土交通省と協議も始める。

リニアの静岡工区は作業基地(ヤード)の整備などをする準備工事と、ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン