/

この記事は会員限定です

インドネシア「ポピュリズム」が深めたコロナ危機

アジア総局長 高橋徹

(更新) [有料会員限定]

温厚な人柄で知られる大統領が、怒気をあらわにする場面をとらえた動画がネット上に流れ、インドネシアで話題を呼んでいる。

「危機のさなかにまるで平時のような悠長さはどうしたことか。2億6700万人の国民のため、省庁解体や閣僚の更迭も考える」

6月18日の閣議で、ジョコ大統領は新型コロナウイルスを巡る政府の対応を叱責した。695兆ルピア(約5兆2千億円)の緊急経済対策の執行遅れに言及したくだりで、内閣改...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Asia Analysis

経済が成長し目まぐるしく変化するアジアの国々。米国と中国の超大国同士の貿易摩擦が激しくなる中、その狭間に位置するアジアにも余波が及んできた。現地の政治・経済の今を切り取る。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン