橋の少女に「死なないで」 仙台、外国人2人に感謝状

2020/7/6 11:54
保存
共有
印刷
その他

橋の上で自殺しようとしていた10代の少女を保護したとして、仙台中央署は6日までに、フランス人で東北大研究生のエリザ・ラーセンさん(24)と、インド人で産業技術総合研究所の特別研究員、カーティック・サウさん(31)=いずれも仙台市=に感謝状を贈った。

自殺しようとしていた少女を保護したとして、感謝状を贈られるエリザ・ラーセンさん(手前左、3日、仙台中央署)=共同

最初に少女に気付いたラーセンさんは「日本語が全くできないので不安だったが『死なないで』と英語で説得した。助けられてうれしい」と笑顔。佐藤宏樹署長は「なかなかできることではない」と称賛した。

署などによると、5月31日午後5時ごろ、帰宅途中だったラーセンさんは、仙台市青葉区の橋の欄干外側に立っている少女を発見。説得し、安全な場所に移ったため、自身もその場を離れた。

しかし、少女が帰っているか不安になったため、同じ寮に暮らすサウさんと橋周辺を捜し、少女を見つけた。署員が駆け付けるまで、泣き続ける少女の肩に手を添え、励まし続けたという。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]