セコム、患者の体温を別室で把握 医師との接触9割減

2020/7/6 11:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セコムは新型コロナウイルスなどの感染症で入院した患者の体温や呼吸状態などを病院内で遠隔で把握するシステムを開発する。患者との対面での接触を減らし、医師や看護師といった医療関係者の感染を防ぐ。提携する病院での実証試験では、医師と患者の接触回数を約9割減らせたという。

子会社のセコム医療システム(東京・渋谷)が手掛ける在宅医療向けの遠隔診療支援システム「セコムバイタルック」を活用する。2020年度中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]