東京ムーブメント

フォローする

再選の小池氏、五輪費用も難題 分担問題の議論本格化

Tokyoオリパラ
都知事選2020
2020/7/5 22:26
保存
共有
印刷
その他

都政の焦点は五輪開催費用になる(3月、東京都庁のエンブレム)

都政の焦点は五輪開催費用になる(3月、東京都庁のエンブレム)

5日投開票の東京都知事選で、小池百合子知事が再選を決めた。2021年に延期された東京五輪・パラリンピックで、開催都市の知事としてホストの大役を担う。延期に伴う追加費用の分担や大会の簡素化など、前例のない問題への対処が本格化する。都民の理解を得ながら滞りなく準備できるかが課題となる。

7月は東京五輪にとって重要日程が相次ぐ。国際オリンピック委員会(IOC)の理事会が15日、総会が17日に開催予定。IOCはこの間に調整を進め、全競技会場と日程を23日に決定する意向を示している。

小池氏は都知事選の出馬後に「簡素化、縮減、共感を得るという3つの柱を大切にしたい」と述べ、コストの削減を進めた上での大会開催に意欲を見せてきた。

だが、3千億円とされる大会延期に伴う経費について、どこがどれだけ負担するかは決まっていない。都は大会の開催経費のほぼ半額に当たる約6千億円を負担するほか、暑さ対策を施した道路整備やボランティアの育成など、間接的な費用として約7700億円を支出。すでに都の五輪関連費用は約1兆4千億円にのぼる。

一方で、都は新型コロナ対策として、計約1兆円の補正予算を編成。都の貯金にあたる財政調整基金の9割がコロナ対策に回り、都議からは「とても五輪の追加費用を支出するだけの余裕はない」と不安視する声もあがる。

小池氏は「国や大会組織委員会と連携して、合理化や簡素化を進めていく」とするが、国側は「一義的には都の責任」とけん制し、組織委にも財政的な余裕はない。大会関係者の一人は「都知事選前だったので、費用の話はしにくかったが、選挙後に誰がいくら負担するのか、シビアなやり取りが始まる」とみる。

都内の新型コロナの新規感染者は5日まで4日連続で100人を超え、増加傾向が続く。こうした状況下で、都知事選では一部の候補者は大会の再延期や中止を公約に掲げた。日本経済新聞が選挙期間中(6月19~21日)に実施した世論調査でも、大会について「簡素化して開催」(46%)と「中止もやむを得ない」(43%)が拮抗していた。

大会に向けた機運が盛り上がりを欠くなか、小池氏は「都民から理解が得られるような形であるべきだ」と語る。山積する課題に対処しながら、巨額の支出に見合う開催の意義について丁寧な説明が求められる。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
昨年のラグビーW杯では3つのファンの力が合わさって満員のスタジアムが生まれた


 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)の「大会成果分析レポート」を、大手会計事務所のアーンスト・アンド・ヤング(EY)がまとめた。スタジアムが満員になった理由や「にわかファン」の特徴など、国内で …続き (8/3)

 2021年の東京五輪・パラリンピックの聖火ランナーとして、地元の広島を走ることを心待ちにしている2人の被爆者がいる。新型コロナウイルスの感染拡大で五輪は延期となったが、一度聖火ランナーに決まった2人 …続き (8/2)

「大会の実施形態や活動中の感染防止対策」に不安を感じるボランティアは6割を超す(2019年10月、研修に参加する大会ボランティア)

 東京五輪・パラリンピックの競技会場や選手村で運営に携わる大会ボランティアのうち約6割が、来年夏の活動で「新型コロナウイルスの影響による大会の実施形態や感染防止対策」に不安を感じていることが30日、分 …続き (7/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]