都内で新たに111人感染 4日連続100人超、若者が7割

2020/7/5 15:08 (2020/7/5 20:05更新)
保存
共有
印刷
その他

東京都は5日、新型コロナウイルスの感染者が新たに111人確認されたと発表した。1日当たりの感染者が100人を上回ったのは4日連続。都内の感染者は累計で6765人となった。

都内ではホストクラブやキャバクラなど、「夜の繁華街」関連の感染者が増加している。都によると、5日は111人のうち46人が夜の街関連で、新宿エリアは38人、池袋エリアは4人だった。

111人のほぼ半数となる53人は感染経路が分かっていない。30代以下の若い世代の感染者は78人と、全体の7割を占めた。

新規感染者は6月26日から50人を超え、7月2日以降は連日100人を超えている。都福祉保健局の担当者は「市中感染が起きているという認識はない」とした上で、「状況を重く受け止めないといけない。感染の目立つ若年層を中心に、手洗いや3密(密閉、密集、密接)を避けるなど、改めて注意を払ってもらいたい」と話した。

近隣県へも感染の広がりもみられ、4日には小池百合子知事が「不要不急の他県への移動は遠慮してほしい」と呼びかけた。

マスクをつけて歩く人たち(5日、東京都豊島区)

マスクをつけて歩く人たち(5日、東京都豊島区)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]