/

この記事は会員限定です

デジタル投資 格差鮮明 積極企業、落ち込み小さく

ニッポン株式会社 不振の断面(上)

(更新) [有料会員限定]

上場企業の業績が振るわない。2020年3月期の純利益は前の期比31%減と、最終赤字に転落した09年3月期以来の落ち込みとなった。年度ベースで2割減だった世界全体より減益幅が大きく、新型コロナウイルスの拡大前から抱えていた日本企業の弱みがあらわになった。「ニッポン株式会社」の不振の要因は何か。初回は企業の業績格差につながっているデジタル投資を取り上げる。

無形固定資産はソフトウエアや特許、著作権、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません