サッカー

清武、静寂切り裂くパス C大阪がダービー制す

2020/7/4 23:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

観客がいない寂しさを紛らわすかのように、スピーカーからかすかに歓声のような音が流れたパナソニックスタジアム。それでも静寂が場内を包む印象は変わらず、選手の声がよく響いた。

【関連記事】4日のJ1 結果と戦評

ボールを蹴ったときの「どん」という音も迫力を持ってとどろいた。47分、C大阪の清武が一尺玉を打ち上げたような打音を残してスルーパス。丸橋の折り返しを奥埜がゴールに送り込み、大輪の花火に帰結した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J2群馬は6日、DF岡村大八(23)が5日に追突事故を起こしていたと発表した。本人にけがはなく、事故処理などは適切に行われたという。
 クラブによると岡村が前橋市内で乗用車を運転中、前方不注意により追 …続き (1:03)

 サッカーのイングランド・プレミアリーグは6日、新型コロナウイルス感染拡大による中断で過密日程となったことを考慮して一時的に5人に増やしていた交代枠を、来季は従来の3人に戻すと発表した。特例は、選手層 …続き (1:02)

 サッカーのJ2琉球は6日、茂木駿佑選手(23)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たと発表した。琉球では知念哲矢選手(22)の感染を受けて選手、スタッフ37人が4日に受検。他の36人は陰性 …続き (6日 21:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]