サッカー

清武、静寂切り裂くパス C大阪がダービー制す

2020/7/4 23:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

観客がいない寂しさを紛らわすかのように、スピーカーからかすかに歓声のような音が流れたパナソニックスタジアム。それでも静寂が場内を包む印象は変わらず、選手の声がよく響いた。

【関連記事】4日のJ1 結果と戦評

ボールを蹴ったときの「どん」という音も迫力を持ってとどろいた。47分、C大阪の清武が一尺玉を打ち上げたような打音を残してスルーパス。丸橋の折り返しを奥埜がゴールに送り込み、大輪の花火に帰結した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

調整するFC東京・室屋。ドイツ2部リーグ、ハノーバーへの移籍が発表された(東京都小平市)=同クラブ提供・共同

 J1のFC東京は14日、DF室屋成(26)がドイツ2部リーグのハノーバーに移籍すると発表した。15日の名古屋戦がFC東京での最後の試合になる。室屋はクラブを通じ「東京での経験を糧にチャレンジしてきま …続き (11:07)

 サッカーのフランス1部リーグで酒井宏樹が所属するマルセイユは13日、選手に新型コロナウイルス感染の疑いが出たため、14日に予定されていた、遠藤航が所属するシュツットガルト(ドイツ)との親善試合を中止 …続き (11:01)

エルチェ戦の前半、攻め込むサラゴサの香川=(13日、エルチェ)=共同

 サッカーのスペイン2部リーグで13日、1部昇格を懸けたプレーオフ1回戦の第1戦2試合が行われ、香川真司が所属するサラゴサは敵地でエルチェと0―0で引き分けた。先発した香川は後半41分までプレーした。
…続き (9:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]