九州大雨 携帯3社 熊本などで一部通信障害

2020/7/4 18:21
保存
共有
印刷
その他

熊本県や鹿児島県で4日、猛烈な雨が降った影響を受け、一部地域で携帯電話が使えなかったり、電波がつながりにくくなったりする通信障害が起きた。豪雨による停電や通信設備の故障が原因という。NTTドコモKDDI(au)、ソフトバンクの携帯3社が復旧作業を進めている。

NTTドコモは同日午後3時半時点で熊本県、鹿児島県の一部地域で携帯電話がつながりにくい状況になった。大雨での停電、通信設備の伝送路の故障が原因という。KDDIも午前8時ごろから一部地域で携帯電話がつながりにくくなり、午後2時時点で熊本、宮崎、鹿児島の3県の一部地域でつながりにくい状況が続いているという。ソフトバンクは正午時点で、熊本県の一部地域で影響が出ている。

総務省の午後2時45分時点の発表によると、ドコモは熊本、鹿児島の両県の計9市町村、KDDIは両県と宮崎県の計19市町村、ソフトバンクは熊本県の11市町村のそれぞれの自治体の一部エリアで、通信障害が発生している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]