囲碁の碁聖戦 一力八段が挑戦(盤外雑記)

囲碁・将棋
2020/7/12 2:00
保存
共有
印刷
その他

一力遼 八段

一力遼 八段

囲碁の第45期碁聖戦の挑戦者決定戦で、一力遼八段が張栩九段を破って挑戦権を獲得した。羽根直樹碁聖との五番勝負第1局は18日、金沢市で打たれる。一力八段は6回目の挑戦手合い出場で、初の七大タイトル獲得を狙う。

日本将棋連盟は順位戦C級2組の降級点を増やすことを決めた。現在は5人に1人だが、2021年度の第80期から9人に2人につく。プロ入り人数に比べ引退・フリークラス入りする人数が少なく、C級2組は在籍者が増加傾向にある。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]