/

同じ機体3連続で引き返し ユナイテッドの貨物便

3日午後1時20分ごろ、成田空港を出発したユナイテッド航空の貨物専用便が、機体トラブルを示す計器表示が出たとして緊急事態を宣言、約30分後に同空港に緊急着陸した。国土交通省成田空港事務所によると、同じ機体で2日にも2回、同様のトラブルで引き返して緊急着陸をしており、航空会社が原因を調べている。

空港事務所などによると、サンフランシスコ行きのボーイング787(乗員4人)で、成田を出発後、揚力を高める装置の不具合を示す表示が出たという。

この機体は2日午前、北京に向け出発したが計器表示のため、成田離陸の約50分後に引き返しを決めた。到着後の点検で問題が見当たらなかったため、同日午後にサンフランシスコへ出発したが、飛行中に再び同じ内容の表示が出た。

3回とも着陸後、点検のために滑走路が一時閉鎖された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン