コロナ後へ首相が新看板 地方分散やデジタル化

2020/7/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は7月下旬に新型コロナウイルスの収束後の社会像を構想する新会議を立ち上げる。新型コロナの影響による主要政策の遅れや支持率低下で政権の環境は厳しい。人や経済の地方分散、官民のデジタル化などを軸に経済政策の新看板を示し、政策運営の要に位置づける。

新会議は経済財政運営の基本方針(骨太の方針)や成長戦略を閣議決定する17日以降に発足する。

首相が議長を務める未来投資会議を拡大し、経済財政諮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]