/

この記事は会員限定です

夏のボーナス、5.37%減 鉄鋼・鉄道は2桁マイナス

本社最終集計

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2020年夏のボーナス最終集計(6月25日時点)で、全産業の平均支給額は前年比5.37%減の80万7835円だった。2年連続のマイナスで、減少率は19年(0.77%)から大きく広がった。

新型コロナウイルス禍について約4分の1の企業が今回のボーナスに「マイナス影響があった」と回答。「次回以降にマイナス影響」とした企業は5割を超えた。ボーナスを決める労使交渉の時期やコロナによ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1452文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン