/

この記事は会員限定です

北朝鮮が恨む文氏の助言 2年前の会談に緊張の伏線

[有料会員限定]

北朝鮮と韓国の緊張関係が続いている。北朝鮮は南北共同連絡事務所の爆破に続き文在寅(ムン・ジェイン)政権を口汚く罵るなど、憤りを隠さない。原因をたどると、2年前の南北首脳会談で文氏が金正恩(キム・ジョンウン)委員長に伝えた助言に行き着く。

共同事務所を爆破した翌日の6月17日、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」に載った金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長の談話には怒りがぶちまけられている。対話による解決を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン