/

「下請け破綻させない」 マツダ、コロナ後の対応説明

マツダは3日、部品メーカーへの支援状況などについての説明会を開いた。新型コロナウイルスの影響が出て以降、丸本明社長が経営状況について報道陣に語るのは初めて。生産調整によって在庫の適正化を進めてきたほか、末端の部品メーカーまで資金繰りなどを支援してきたと強調した。欧州の販売は7月以降に回復し、国内生産は来年初めにもコロナ前の水準に戻したいとする見通しを示した。

広島県の本社で開いた説明会には丸本社長のほか、藤原清志副社長、菖蒲田清孝取締役が出席。各国での販売について、米国やオーストラリアは「想定より早く回復」、欧州は「想定に近い」とした。「ドイツやイギリスなどで車両購入時の補助金、減税措置の一部が7月からと公表されたこともあり、買い控えが起きている」(菖蒲田取締役)とし、欧州は7月以降に本格的に回復すると予測する。

今後のコロナの状況にもよるが、国内生産台数は徐々に回復する見込み。丸本社長は「今後(市場が)どうなるかは見通せるものではない。業績見通しを示すには、ある仮定を置くしかない」と述べた。2021年3月期の通期業績予想は4~6月期の決算発表に合わせて開示する。

部品メーカーへの支援については直接取引のある1次下請けだけでなく、2次下請け以下も含めた約700社を調査。資金繰りについてのアンケートを行い、リスクが高いと判断した企業にはマツダが直接聞き取りした。資金調達が難しい場合には、部品メーカーの取引行にマツダが融資を依頼することもあった。

行政の支援も迅速に活用できるよう、申請手続きなどを分かりやすくまとめた資料をマツダが作成し、下請け各社に配布した。「1社たりとも破綻させてはならないという思いで活動している」(菖蒲田取締役)。

自動車業界では一般的な慣習とされるが、マツダと部品メーカーの間では年に2回、「定期値引き」と呼ばれる部品の価格引き下げ交渉が行われる。次回の交渉については「経営上厳しいなかで、新たにコスト削減をお願いするのは取引先の体力にも影響する。慎重に考える必要がある」と見直しに含みを持たせた。

販売減への不安、コロナ前から

 今回の説明会は意見交換がメインの「役員懇談会」(マツダ)として、基本的に広島に常駐する担当記者を招いた。生産調整の影響が下請けの部品メーカーなどに波及するなか、関係者の不安を払拭し、地域を支える姿勢を示す狙いがあったと見られる。
 マツダは生産調整に伴い、支払いの前倒しなどで部品メーカーの支援に動いた。月に1回、説明会を開いて生産の見通しなどを示してきた。コロナ関連の対応では部品メーカーから感謝する声も多い。
 ただ下請け各社の根本的な不安は解消されていない。米中貿易摩擦などの外的要因もあったが、販売台数の低迷がコロナ前から顕著になっていたためだ。価格帯を上げて性能やデザインを重視した2019年以降の新型車がつまずき、既存モデルの鮮度劣化も重なった。コロナの影響が出る前の19年通年の販売は前年比7%減の149万台だった。
 広島の部品メーカーの業績はマツダの生産・販売台数に大きく左右される。最終的な車両価格に対して部品1つあたりの利幅はそう変わらず、マツダの新戦略による恩恵が限られる面もある。
 マツダは6年や12年の長期スパンで新たなブランド価値を確立する考えで、現在は将来に向けて種をまく「足場固め」の時期としている。主力車種で新型車がない「端境期」でもあり、しばらく販売を回復させる材料に乏しい。
 完成車メーカーと体力差がある部品メーカーでは、マツダが足場を固める前に自身の経営が行き詰まってしまう、との危機感が広がっていた。さらにコロナ不況が襲い、「向こう1~2年は以前の売り上げや販売(計画)に対し、厳しめに見ざるをえない」(丸本明社長)という。
 もちろん部品メーカーにも生産性の向上など努力の余地は大いにある。「地域の取引先を守る」との旗を掲げたマツダには、長期的な理想やビジョンを示すだけでなく、目先の販売台数をどう確保するのかも問われてくる。(河野真央)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン