愛媛県、LINEで感染者接触を通知

2020/7/3 20:34
保存
共有
印刷
その他

愛媛県の中村時広知事は3日、新型コロナウイルス感染者と同時間帯に同施設を利用していた場合に、LINE(ライン)で通知するシステムを10日に導入すると発表した。スマートフォンで事前登録し、施設やイベント会場の訪問時に掲示のQRコードを読み取ることで利用できる。厚生労働省の「接触確認アプリ」との併用で確度向上が期待できるという。

新型コロナ対応の記者会見を開く中村時広・愛媛知事(3日、県庁)

「えひめコロナお知らせネット」は、県主催イベントや県管理施設で活用するほか、ライブハウスなどにも利用を呼び掛ける。施設などを訪問するたびにQRコードを読み取って利用する。

また中村知事は、東京都を中心に感染者が増加していることから「首都圏への外出の注意喚起レベルを引き上げる」と述べた。出張や旅行はやむを得ないものに限り、「3密」の場は避けるよう求めた。国の2021年度予算編成に向けた重要施策提案・要望のための自身の出張も取りやめた。松山空港では4日から、羽田からの到着便を中心とした検温を再開する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]