千葉県議会、過去最大の補正予算可決 新型コロナ対策

2020/7/3 20:01
保存
共有
印刷
その他

千葉県議会は3日、新型コロナウイルス対策費を盛り込んだ2020年度6月補正予算案など全18議案を可決し、6月定例会の全日程を終えた。3日に追加提案した分も合わせると、補正予算は過去最高となる一般会計で2048億円。

本会議終了後、森田健作知事は記者団に「1人でも感染者を出さないようにしていかなければならないが、単に人数だけを見て一喜一憂するのではなく、その中身も精査していかなければならない」と述べた。県内でも感染者数が増加しているが「今の段階で『警報』を出すことは考えていない」と明言した。

千葉県議会は同日、新しい議長に山中操氏(70)、副議長に木下敬二氏(72)=いずれも自民=を選出した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]