/

この記事は会員限定です

ネットで本人確認、新興が下支え 政府助成など迅速に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、オンラインでの本人確認サービスが広がり始めた。政府の助成制度やアルバイトの仲介などの手続きがネット上で完結し、消費者は迅速にサービスを受けられる。行政や企業などのデジタル化が進むなか、スタートアップの技術が下支えしている。

「ベビーシッターの割引券を申請からわずか3~4日で送れた」。政府の新型コロナ対策で子育て中のフリーランスを助成する枠組みができた。プロフェッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン