再生エネ・原発、北電に重い課題 石炭火力削減方針で

2020/7/3 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国が低効率な石炭火力発電を削減する方針を示し、北海道電力は3日「今後も安定供給や地球温暖化対策、経済性の観点で稼働が見込めなくなる経年化した火力発電所については、立地地域への影響を考慮しつつ、廃止を検討していく」(広報部)と表明した。北電は発電量の5割を石炭火力が占めており、今後、経営計画の変更を迫られる可能性もある。

削減の対象となるのは国内の低効率な石炭火力約100基。北海道では苫東厚真発電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]