/

この記事は会員限定です

[社説]今も高い強制不妊救済の壁

[有料会員限定]

旧優生保護法のもとで不妊手術を強制された男性が国に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は男性の訴えを退けた。

旧優生保護法は「不良な子孫の出生防止」をかかげ、1948年に施行された。障害者への差別にあたるとして手術の規定が削除されたのは、96年になってからだ。

判決は、この男性は法律の対象ではなく、誤った判断で手術を受けさせられたと指摘。憲法が保護する「子どもを持つかどうかを決める自由」を侵害された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン