/

この記事は会員限定です

[社説]電源全体を見据えた石炭火力の休廃止に

[有料会員限定]

経済産業省が電力会社に対し、効率の悪い旧式の石炭火力発電所の休廃止を促す。低効率型設備の9割にあたる100基程度を対象に、2030年度までに段階的に減らしていく。

石炭は地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出が多い。世界的な環境意識の高まりの下で、日本はいつまでも老朽火力を使い続けるべきではない。

旧式設備を減らす具体的な道筋を示すことは重要だ。同時に石炭が担ってきた、電力供給の役割を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン