脱プラ推進のタイ、デリバリー急増で想定外の逆戻り

2020/7/5 2:00
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

持ち帰りやデリバリーの増加で、タイでは使い捨てプラスチックの消費が増える(5月、バンコク)=小高顕撮影

持ち帰りやデリバリーの増加で、タイでは使い捨てプラスチックの消費が増える(5月、バンコク)=小高顕撮影

新型コロナウイルスの感染拡大がプラスチック業界に思わぬ恩恵をもたらしている。巣ごもりによるデリバリーの利用増で使い捨てのプラ容器やビニール袋の需要が高まり、石油化学大手サイアム・セメントグループ(SCG)は1~3月の包材、容器の売上高が前年同期比33%増えた。増産するメーカーも出始めた。世界で進みつつあった脱プラの流れに一石を投じそうだ。

新型コロナの流行を受け、減りつつあったタイの使い捨てプラスチックの消費は拡大している。タイ環境研究所によると、バンコクの4月の1日あたりのプラごみ量は3440トンと前年同月に比べ62%増えた。

SCGのルーンロート社長兼最高経営責任者(CEO)は「1~3月期に明らかに好調だったのは食品パッケージ。(飲食店の閉鎖で)外食ができなくなったためとみられる」と分析し、「急増する需要に応えていく」と意気込んだ。

タイのポリ袋製造大手TPBIでも、1~3月期のレジ袋やゴミ袋など消耗品分野の売り上げが前年同期比11%増加した。1月からタイの主要な小売店が無料の使い捨てレジ袋を廃止したにも関わらず、商業施設の営業停止や外出自粛の要請が始まった3月以降、需要が急増したという。

新型コロナでプラスチック回帰は進んだ。バンコクのスーパーでは4月ごろからパンや総菜の個別包装が始まった。従来はビュッフェのように客が必要な分だけ取って袋や容器に入れるシステムだったが、感染防止の観点から、最初からプラスチックに包まれた状態で店頭に並ぶ。

需要増を受け、増産の動きも出始めた。タイの現地紙バンコクポストによると、食品包装やプラ容器を製造するタイのエカ・グローバルは4月までに生産能力を月800万枚から2.5倍の月2000万枚に引き上げた。

アジアはプラスチックを含む容器・包装産業の重要な市場だ。QUICK・ファクトセットによると、米ウエストロックや日本のエフピコなど世界の主要メーカー148社の2019年の総売上高を地域別に見ると、アジア太平洋地域の構成比が34%を占める。国別のトップは米国の31.7%で、2位は中国(20.1%)、3位が日本(5.1%)。タイ(2.5%)は国別の売り上げで十指に入る。

タイは屋台が多く、持ち帰り用の発泡スチロール容器やビニール袋の需要が多かった。海洋に流出するプラスチックごみなどが世界で問題となるなか、タイ政府は22年までに主要な使い捨てプラ製品を廃止するなどの目標を盛り込んだロードマップを設け、脱プラに取り組んでいた。

今年に入って大手のコンビニエンスストアやスーパーの一部はレジ袋を廃止した。包材関連のメーカーにとっては売り上げの減少につながり、プラ削減の動きは逆風だったが、潮目は変わりつつある。

■利便性再評価、潮目変わる

新型コロナが流行する直前、脱プラの機運は世界で盛り上がっていた。欧州連合(EU)理事会は19年5月、使い捨てのプラスチック製ストローやフォーク、スプーンなどの流通を21年までに禁止する法案を採択。19年6月の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)や東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議でも海洋プラごみの削減に向けた共通目標が採択された。

タイではレジ袋の提供を停止するなど脱プラが進みつつあった

タイではレジ袋の提供を停止するなど脱プラが進みつつあった

ただ、新型コロナの流行は使い捨てプラスチックの利点を浮き彫りにした。フードデリバリーでは丈夫で便利なビニール袋が重宝され、衛生面からも使い捨ての容器が世界で見直された。

中国でもプラスチック製品の生産量が3月に前年同月比6%増えた。家電や車向けプラスチック素材メーカーの金発科技は5月6日、プラスチック製の包装や容器の製造事業に経営範囲を拡大すると発表した。

一度は禁じた使い捨てレジ袋の使用を解禁する動きも広がっている。3月1日にレジ袋を廃止するはずだった米ニューヨーク州は感染拡大を受け、施行の延期を続けている。繰り返し使うエコバッグは洗わなければ不衛生で、感染拡大につながるとの見方からだ。

英国でも迅速な配送と配達員の感染防止のため、スーパーのネット販売で通常5ペンス(約7円)のレジ袋を一時的に無料化。英ユーロモニターインターナショナルのシニアコンサルタント、マリア・コロナド・ロブレス氏は「何度も使える(エコバッグなどの)代替品の安全性について、再び消費者を啓蒙していく必要がある」と指摘する。新型コロナは脱プラの潮流に新たな課題を突きつけている。

(バンコク=岸本まりみ)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

 
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]