中川政七商店が初のアパレル業態 東京駅内に8月開業

2020/7/3 18:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生活雑貨や工芸品の企画製造販売を手掛ける中川政七商店(奈良市)は3日、同社初のアパレル業態の直営店「中川政七商店 分店 服」をJR東京駅の商業施設「グランスタ東京」内に8月3日に開業すると発表した。

店舗面積は約50平方メートル。麻やカヤ織の服のほか、服飾小物などを取り扱う。直営店は、生活雑貨を扱う「中川政七商店」ブランドの「分店」として位置づける。今後はアパレルのほか、旅行など専門テーマに特化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]