自慢の手打ち、復興の思い込め 岡山・真備のうどん店
西日本豪雨2年

西日本豪雨
2020/7/4 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

平成最悪の豪雨災害となった西日本豪雨は6日で発生から2年。被災地の復興が徐々に進む中、被害が集中した岡山県倉敷市真備町地区でも再開の動きが広がっている。街ににぎわいが戻り始めたところ、新型コロナウイルスの感染が被災地にも直撃。客足が遠のき、再び苦境に立たされる商店主も少なくない。「復興につなげたい」とふるさと再生への決意を胸に前を向く。(札内僚)

「被災前の味がようやく味わえたよ」「再開を今か今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]