北陸電力、発電5割頼る石炭火力に暗雲 最安の源泉

2020/7/3 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸電力が発電電力量の5割を頼る石炭火力発電に暗雲が漂っている。梶山弘志経済産業相が3日、低効率な石炭火力発電所の休廃止を進めると表明した。同社が大手電力会社10社のなかで最も安いとされる料金を実現している一因は、燃料コストの低い石炭火力の比率の高さにある。一部設備の休廃止を迫られると経営への影響は避けられない。

北陸電は富山新港火力(富山県射水市)、七尾大田火力(石川県七尾市)、敦賀火力(福井…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]