/

この記事は会員限定です

北陸電力、発電5割頼る石炭火力に暗雲 最安の源泉

[有料会員限定]

北陸電力が発電電力量の5割を頼る石炭火力発電に暗雲が漂っている。梶山弘志経済産業相が3日、低効率な石炭火力発電所の休廃止を進めると表明した。同社が大手電力会社10社のなかで最も安いとされる料金を実現している一因は、燃料コストの低い石炭火力の比率の高さにある。一部設備の休廃止を迫られると経営への影響は避けられない。

北陸電は富山新港火力(富山県射水市)、七尾大田火力(石川県七尾市)、敦賀火力(福井県敦賀市)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン